ゲシュタルト崩壊とは?その意味を文字で体感!

[`buzzurl` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]
[`newsing` not found]


 

早速ですが、あなたが義務教育をしっかり受けた方であれば、
漢字の「像」という文字ならば、読むことも、書くことも、

 

できますよね?

 

では、これからお見せする文字を「45秒間」見続けてください。

 

なるべくキッチンタイマーなどを利用して、45秒間見てくださいね。

 

ではどうぞ!↓

 

zou

 

ハイ! よろしいでしょうか?

 

今、上の文字を45秒間、見続けて頂いたと思いますが、

 

いかがでしたか?

 

「像」という文字が、得体の知れない文字に思えてきませんでしたか?

 

早い人であれば、わずか10秒程度で奇妙な感覚をおぼえたはずです。

 

こういった現象は俗に、

 

ゲシュタルト崩壊(げしゅたるとほうかい)

 

と、言われていまして、意味については、学術的に難しく解説
されていたりするのですが、簡単に言えば、

 

「あれ?この文字って、
もともと、こんなんだったっけ!?」

 

という概念の喪失とでもいいますか、元の形がわからなくなる
現象に対して使われたりしています。

 

Sponsored Link



そもそも、ゲシュタルトって何語?

 

元々はドイツ語で「Gestalt(形式)」と表記されます。

 

かの有名な、夏目漱石の名作に「門」という小説があるのは
ご存知だと思いますが、その中に、野中宗助という主人公が
「近」という漢字一文字がわからなくなるシーンがあります。

 

natume

 

パソコンの普及で、直に文字を書かなくなった現代、文字離れにより
漢字を忘れてしまう可能性もあるでしょうが、小説「門」が書かれ
たのは、明治43年、今から100年以上も前のことですので、

 

当時、文字や漢字に慣れ親しんでいた時代の夏目先生でさえも、
ゲシュタルト崩壊現象を体験していたわけなんですね。

 

ゲシュタルト崩壊現象をもう一度

 

では、最後にもうひとつ、今度は、ひらがなの「を」を100個
お見せしますので、これもまた45秒間、ジッと眺めてみてください。

 

では、どうぞ↓

 

wo

 

いかがでしたでしょうか?

 

単なる「を」という文字が、よそよそしくて、見慣れない文字
見えたのではないでしょうか?

 

本来なら、認識できるはずのものが、認識できなくなる現象ですが
これは文字を見る時にも、書く時にも、はたまた、音楽であったり、
日常のルーチン行動においても起こり得る現象だったりします。

 

稀に、この現象による認識問題を病気?と心配される方がいたり
するようですが、基本的には一時的な現象ですので、日々継続的な
ものでなければ、特に心配する必要はありません(笑)

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.