お彼岸におはぎをお供えする理由がちょっと怖い

[`buzzurl` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]
[`newsing` not found]


 

私がまだ幼かった頃、はじめて「おはぎ」を見た時

 

「なんで?大福のアンコとお餅が入れ替わってるんだろう?」

 

と、思いました(笑)

 

小学生になってからも、おはぎを食べるたびに

 

「お餅にくるんだ方が、手が汚れにくいだろうに・・・」

 

と、思ったりしました(笑)

 

大人になってからも

おはぎに対して、いまだに、

 

ポッキーとトッポのような相対的違和感を感じています(笑)

 

と、なんだかんだ言いつつも、私は「おはぎ」が大好きです(^^ゞ

 

 

 Sponsored Link



なぜお彼岸には「おはぎ」なのか?

 

いろんな説があるわけですが、最も有力な説なのは、
おはぎに使用されている小豆(あずき)の色が、災難を除け、
邪気を祓うパワーがあるからとのこと。

 

「そんなに凄いパワーを秘めた食べ物であるならば、
 ご先祖様の供養にも、ふさわしいお供え物だろう!」

 

ということで、お彼岸供物の定番になったようです 😀

 

まさか、甘くてオイシイおはぎに、邪気退散を目的とした
怖い理由があったとは・・・、ちょっと驚きです 👿

 

その他、昔は滅多に食べられない贅沢なお菓子だったから、お供え
したあと、お彼岸におはぎが食べられるのを楽しみにしている
子どもたちに、食べさせるためだとも言われていたりします。

 

 

おはぎ?ぼたもち?本当の呼び名はどれ?

 

「おはぎ」は、まるで怪人二十面相にように、いろんな名前を
持っており、季節ごとに呼び名が変わります。

 

そもそも、おはぎ内部の「餅」は、粒々が残っていることからも
分かる通り、杵と臼で、普通のモチ搗(つ)きをしません。ゆえに、
その様子を隠語のように表現していたりします。

 

 

 ⇒「牡丹餅(ぼたもち・餅)
    ※春に咲く牡丹に似てるから

 ⇒「夜船(やせん、よふね)
    ※餅を搗(つ)かない=夜の船は暗くて着かない
     笑いに繋がらないレベルの言葉遊び

 ⇒「御萩(おはぎ)
    ※秋に咲く萩に似ているから

 ⇒「北窓(きたまど)
    ※搗(つ)きが見えない=月が見えない
     笑いに繋がらないレベルの言葉遊び

 

 

 

「おはぎ」は、あんころ餅とは別物

 

おはぎと、あんころ餅は、見た目がとても似ていますが、おはぎ
の「お餅」は、もち米をスリコギで半つき(五分搗き)したもの。

 

かたや、あんころ餅内部の「お餅」は、杵と臼で搗いたような、
本格的な「お餅」なので、正確には「別物」扱いとなります。

 

 

でも美味しそう・・・ 😳

 

おはぎを作ってみましょう!

 

お店で買ってくるのもいいんですが、お彼岸の時くらい、自分で
おはぎ作りにチャレンジしてみませんか?

 

 

◆おはぎを20~24個作る場合に用意する材料◆

   
餅米 / 2カップ(合)
うるち米 / 1カップ(合)
お水 / 360ml
小豆 / 300g
砂糖 / 300g(お好みで調整)
食塩 / 少々

 

※ゴマおはぎ、きなこおはぎも作る場合は
  それぞれ、お好みで量を調整してください。

 

 

 

実際の調理手順ですが、

 

詳しい作り方は下の動画レシピをご参考にしてください。

 

 

美味しいおはぎが出来上がったら、食べ過ぎにご注意くださいね♪

 

 

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.