富士山噴火の歴史と周期は?河口湖その後の水位は?

[`buzzurl` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]
[`newsing` not found]


 

日本は地震大国であると共に、火山大国でもあります。

 

 

地球規模で見れば、小さな島国の日本ですが、
実は、アメリカ、ロシア、インドネシアに次いで、
世界で4番目に火山の多い国だったりします。

 

しかも、その数は、なんと、110ヶ所。

 

気象庁では、これらの火山をランク分けしており、
活動している火山として有名な、桜島、雲仙普賢岳、有珠山、
阿蘇山、伊豆大島など12ヶ所はAランクに属されています。

 

火山のタイプには、いろいろありまして、

 

 

現在活動中の火山を「活火山」と称しますが、そのほか、
一時的に活動を停止している火山 ⇒ 「休火山」
そして、噴火の可能性が低い火山 ⇒ 「死火山」 があります。

 

近年、気象庁では、休火山と死火山を総称して
「活火山ではない火山」と、まどろこしい表現をしていますが、
個人的には「静火山」にすればいいのに・・と思ったりします 😕

 

Sponsored Link



世界遺産にも認定された「富士山」は休火山なのか?

 

一見して、噴煙も無く、活動していないようにみえますが、
富士山は「活火山」に属します。

 

過去の歴史を見ると、これまでに
25回ほど噴火・噴煙の記録が残されており、一番最後に
噴火したのは今から300年ほど前の1707年でした。

 

この噴火「宝永大噴火(ほうえいだいふんか)」
記されており、この時に出来たのが宝永火口です。

 

 

江戸時代に起きた噴火ですが、この時は、現在でいうところの
東京首都圏全域に5センチ程度の火山灰が降り積もったという
記録が残されています。

 

富士山が噴火する可能性はあるのか?

 

既に300年以上も活動していない富士山ですが、
過去の歴史から考え、周期的に見れば、既に再噴火しても
おかしくない時期にきていると言えます。

 

それについては、先ごろ日本経済新聞でも、

 

富士山の内部では、今もマグマが溜まり続けており、
宝永地震と噴火が連動したように、近年、警戒が促されている
南海トラフ地震等の巨大地震が発生するようなことがあれば

 

その影響で亀裂が生じることによって、一気に噴火を起こす
可能性もあると報じています。

 

気になる富士山周辺の異変

 

しかも、関連性があるか否かはわかりませんが、
富士山とその周辺で、気になる現象も起きていて

 

2012年10月頃から、富士山の北側に位置する河口湖で
異常なまでの水位低下がみられています。

 

▼水位が下がる前の河口湖「六角堂」

rokkaku

 

▼水位が低下後の「六角堂」

 

さらに、2013年4月10日には、

 

▼富士山の滝沢林道で地割れが発生

 

時期が時期だけに、気になってしまいますが、

 

富士山の地割れについては、融けた永久凍土が、雪解け水となり、
地下に抜けたことで、地盤が崩れた可能性もありますから
噴火との因果関係は無いと思われます。

 

しかし、河口湖に関しては、気象庁が会見の席で
観測データ等に異常は見られないとしながらも、
水位低下については、原因が不明であると述べています。

 

▼2013年8月時点の河口湖水位状況

 

 

世界遺産に登録された注目度の高い富士山

 

2013年6月22日、世界遺産に登録され、
今やその注目度が一気に上昇している富士山。

 

 

人々の関心や意識が非常に高くなっている今、
地震や噴火に関するニュースに対しても取扱いが多くなり、

 

中には、いたずらに不安を煽るような報道や言動など
根拠の無いデマなどもあったりしますが、マヤの終末論同様、
人間が未来を100%予測することなど不可能です。

 

過去のデータだけを見れば、その統計から、発生の可能性が
あるかもしれませんが「例外」の可能性だって十分ありえます。

 

いずれにせよ、根拠の無い情報に惑わされてはいけませんが、
万一に備え、防災意識危機管理意識は常に持っておきましょう。

1件のコメント

  • 田中正行

    どうもありがとうございます。

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.