台風は天気予報で進路を予想!被害を最小限に防ぐには?

[`buzzurl` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]
[`newsing` not found]


 

日本では、昔から台風が発生していますが、
地球温暖化の影響なのでしょうか?

 

ここ数年で、その勢力が明らかに増大しているような気がします。

 

 

その証拠に、TV等のニュースで取り上げられる台風関連の映像も、
以前は、荒れた海をバックにヘルメットを被ったレポーターが
台風の進路や警戒を伝える映像ばかりだったのに対し、

 

現在では、増水した河川や、それにより床下浸水、床上浸水で
泥まみれになった住宅、更には土砂崩れなどのリアルな実害映像が
被災住民の嘆きと共に、高い頻度で報道されているからです。

 

台風の発生時期

 

過去60年間の統計を見ますと、6月~10月に発生することが多く、
中でも、8月、9月が最も台風の発生確率が高いという結果が
出ています。

 

 

実際のところ、台風は一年中発生しているのですが、
気温(海面温度)の低い時期は、台風が発達するほどの
エネルギーが足りず、殆ど日本に達することはありません。

 

このことから、台風は、気温の高い(暑い)時期に集中して
発生するということがわかってきます。

 

 

死者1000人以上規模の過去の台風被害

1934年 室戸台風     昭和09年9月20~21日

1945年 枕崎台風     昭和20年9月17~18日

1947年 キャサリン台風 昭和22年9月14~15日

1954年 洞爺丸台風    昭和29年9月25~26日

1958年 狩野川台風    昭和33年9月26~28日

1959年 伊勢湾台風   昭和34年9月26~27日

 

 

上記からもわかるとおり、
台風に最も警戒すべき月は9月ということになります。

 

Sponsored Link



台風発生のメカニズム

 

基本的に、台風は暖かい海(海域)でのみ発生します。

 

太陽熱によって暖められた海面は、水蒸気となって上昇します。
上昇した気流は大気を不安定にさせますが、それと同時に、
地球の自転の影響により渦を巻きはじめます。

 

よって、時計とは逆の方向、つまり、左回りで渦が発生し、
低気圧に向かいながら北上を始めるという習性を持っています。

 

ちなみに、赤道上では渦が発生しないため、台風はもちろんのこと
大型のタイフーンであっても発生することはなく、また、横切る
こともありません。

 

台風に関する豆知識

 

台風には必ず「〇号」という数字が付けられていますが、
これは、その年の元旦から大晦日までの1年間に、台風が発生した
順によってつけられています。

 

また、台風には「〇号」の他に、人間でいうところの「名前」が
付けられています。その数は全部で140個存在し、141番目の台風
に対しては、ふりだしに戻って再度同じ名前が付けられます。

 

台風の中心部分は、俗に「台風の目」と呼ばれ、空は晴れています。

 

▼実際の「台風の目」の映像

 

 

 

台風は天気予報で進路を予想!被害を最小限に防ぐには?

 

天気予報で台風情報が流れたらまずは進路を確認しましょう。

 

 

台風の被害を受けたことの無い人ほど、
台風を甘く見ている傾向があります。

 

東北大震災の例で言えば、それまで人々は、たとえ津波が来ても
せいぜい数十センチ程度だろうと高を括っていました。
しかし、自然は人間の想像を遥かに超えることがあります。

 

絶対にあって欲しくないことですが、もしも、台風の進路が
自宅方向に向かってくる場合は、過剰と思えるほどの対策と
備えが必要です。

 

具体的な対策方法

 

・強風や豪雨に弱そうな箇所を事前に補強しておく。

・飛来物による破損を防ぐ為、窓ガラスをテープ等で補強しておく。

・屋外の自転車や鉢植えなどを屋内に移動するか、固定する。

・河川近くの場合は、増水被害を想定し、家財は高い位置に移動。

・断水や停電に備え、非常用防災用具を用意しておく。

・避難経路・避難場所を確認しておく。

・土砂崩れ、河川増水の危険性がありそうな場合は、事前に避難。

・暴風域に入った場合は、絶対に外に出ない。

・たとえ気になっても、田んぼの様子などは見に行かない。

 

 

台風が去ったあとも土砂崩れ、河川増水の危険性があるので
十分に注意が必要です。

 

いずれにせよ、自然の前に人間の力は及びません。防災意識を持ち、
過小評価などすることなく正確な情報と正しい判断や行動
台風の被害を最小限に防ぐよう心掛けましょう。

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.