暑気払いの時期は?飲み会より大切な「ある事」。。。

[`buzzurl` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]
[`newsing` not found]


 

年々、夏の暑さが厳しくなっているような気がしますが、

「暑い、アツイ」といいながら、エアコンを利かしすぎると

体調を崩す原因になる上、電気代が嵩むのも困りものです。

 

 

 

エコ感覚で、夏の暑さ、体力低下を解消する方法は無いかな?

 

そんな時は

 

「暑気払い」

 

ということで、できるだけナチュラルな「暑気払い」をしたいわけ

なんですが、単純なところでは、団扇や浴衣などを利用するのも

クラシカルな発想ではありますが、涼を取る最適な方法でしょう。

 

Sponsored Link



毎日の食生活で暑気を払う!

 

夏は毎日の暑さで汗をかき、水分を多めに補給することなどから

食欲も減退して、他の季節よりも体力が弱まったりします。元気が

足りなくなると、つい健康食品やビタミン剤などに頼りがちですが、

 

しかし栄養剤など自然界に無いものを体に与え続けるのは、自然の

摂理からいっても、あまり好ましくはないので、熱中症対策も含め

できることならば毎日の食事から栄養を摂取したいものです。

 

yukata

 

美容にも最適!夏バテ解消の「鰻(うなぎ)」

 

女性においては、一番気になる紫外線によって、お肌への影響など

も、とても気になることでしょうから、その点なども含め、夏場に

影響を受けた、身体の各部ダメージを補うことが必要となります。

 

となると、滋養強壮、体力・食欲増進などを一度に満たし、美容に

も良いとされるコラーゲンたっぷりの食品候補として、一番に

「鰻(うなぎ)」があげられます。

 

昔ながらの日本の習慣とでもいいますか、

土用の丑の日には日本人の多くが食しますね。

 

Sponsored Link



 

平賀源内の最強戦略「土用の丑の日」

 

「丑」は十二支の「うし」を表し、世の中すべてが光と影を表す

ものとする「陰陽五行(火、土、金、水、土)」の「土」にあたる

事から「土用の丑」になったとの説があります。

 

unagi

 

今年の土用は7月19日から8月6日までで、その内、7月22日と8月3日

「土用の丑の日」となっているので、平賀源内さんのビジネス戦略

が功を奏し、一年中で最も蒲焼(かばやき)売れる日となっています(笑)

 

平賀源内さんは、江戸時代に活躍した多種多芸のマルチプレイヤー

で、鰻のエピソードに関しては、現代でいうところのコピーライター

的発想で、庶民に「土用の丑の日」を根付かせたヤリ手です。

 

 

各自で毎日暑気払い!夏を乗り切る!

 

ですが、このところウナギの値段が、それこそ鰻のぼりに、高く

なってきていますので、食べたくても食べられない・・・という

人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、一般的に「鰻イメージ」の強い「丑の日」ですが、実は

「丑」にちなんで、頭文字に「う」のつく食べ物、たとえば、梅干

や、うどんなど「う」から始まる食品なら何でも良いとされています。

 

いずれにしても、昔から健康は食事からなどと言われますので、

暑気払いは、毎日の食事に気を付けながら自己管理して

いきましょう。

 

人によっては、暑気払いというと、すぐに「飲み会」を想像される方

も多いですが、夏バテを防止するのであれば、時期などを気にせず、

日々、個人的な暑気払いを行ってくださいね。

 

 

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.