貝殻工作!作り方を図解で詳しく完成まで解説!

 

今回は

「貝がら工作」

自由研究のパート2です。

 

夏休みに学校から出された宿題などで

頭を悩ませているご家庭も多いかと思うんですが・・・

 

 

今回は、以前ご紹介した「貝アクセサリー」のように、

作ったあとも実用的で、かつ、オブジェにもなってしまう

素敵な貝殻工作のご提案となります。

 

どんなものが出来るのか?  というと、

 

ハイ!こちらになります↓

 

nendo

 

とってもポップアートでメルヘンチック☆

 

のちほどご覧に入れますが、ライトを内蔵するので

季節を問わず、お洒落なインテリアライトにもなります。

 

その名も

 

「Sea Shell Light(シーシェル・ライト)」

 

実はコレ、意外に安く作ることができるんです。

 

Sponsored Link



用意するモノ(材料)

 

kai9

 

ペットボトル 500ml×2

ペットボトル 1.5L×1

LEDグラデーションライト×1

紙ねんど [軽量] 50g×6(300g)

グルーガン×1台

グルースティック×3本

貝殻、シーグラス×各適量

 

あらかじめ、海で貝やシーグラスなどを収集しておきます。

 

 

 

kaigara

 

 

ということで、

 

いよいよ貝殻をつかった工作を開始!

 

まず、

 

キレイに洗って水気が無くなった

ペットボトルを用意します。

 

kai1

 

ペットボトルは、バラけないように、

ひとまず、輪ゴムなどで位置を決めておきます。

 

kai2

 

完成画像をご覧いただくとわかると思いますが、

ライトがこぼれる「窓部」を作りますので、

下にある画像の赤枠辺りに適当な穴を空けます。

 

Sponsored Link



 

カッターナイフが作業しやすいですが、

お子さんひとりで使用するのは危いですから

必ず、おとうさん、おかあさんが付き添ってください。

 

kai3

 

のちほど、LEDグラデーションライトを入れますので

中央のペットボトルは底面も切り取ってください。

 

次に紙ねんどを、一生懸命コネます。

 

kai4

 

コネた粘土をペットボトルの表面に貼り付けていきます。

 

このあと、貝を貼り付けていきますので、紙粘土の厚みは

5mm前後がベストです。

 

kai5

 

 

画像のように白色以外の紙粘土を使っても面白いですよ。

 

kai6

 

まんべんなく粘土を貼りつけたら、次に貝を貼り付けていきます。

はみ出した、ゴムはハサミ等で切り取ってください。

 

 

kai7

 

ウマくいけば、これだけで完成になりますが、

貝のくっ付き具合が弱い場合は、グルーガンを利用して

補強していきます。

 

 

kai8

 

 

あとは水彩絵の具などを利用した上で、お好みやセンスで、

かわいく着色してみてください。

 

 

ということで完成!

 

LEDグラデーションライトを搭載してあるので、↓こんなに幻想的で、美しい光を放ちます。

light2

light1

 

刻々と変化する幻想的な光は、ハロウィンとか、クリスマスにも合いそう♪

 

紙ねんどがキッチリ固まるまでに2~3日要しますので

その間は、日の当たらない風通しの良い場所で

自然乾燥させてください。

 

今回は貝を多めにしましたが、シーグラスを多めにすることで

さらに知的で洒落たイメージの作品に仕上がります。

 

今回制作にかかった所要時間は、およそ1時間程度

 

出来上がりの見た目からは想像できないほど、

とても簡単に作ることができますので

小学校低学年のお子さんでも余裕で作ることが可能です。

 

ただグルーガンに関しては、電気を使いますので

貝の接着が甘いときなどは、おとうさん、おかあさんが

そばでサポートしてあげてくださいね。

 

基本、紙粘土の使用頻度が多いので、

コネたり、ちぎったりの作業が主となりますので

お子さんも集中して最後までやり遂げられます。

 

今回、制作にかかった費用は

 

グルーン 315円

紙ねんど 400円

LEDグラデーションライト 100円

グルースティック 100円

(※沢山入ってますが使うのは3本くらい)

 

占めて915円でした。

 

道具はすべて、100円ショップで揃えることができます。

 

作品のボリューム感や存在感を考えると

とってもコストパフォーマンスの良い作品といます。

 

是非、チャレンジしてみてください!

 

 

貝殻工作 Part1(アクセサリー編)

貝殻工作 Part2(シェルライト編)

貝殻工作 Part3(インテリア編)

貝殻工作 Part4(フレーム再生編)

自由研究/工作 (海・押し葉編)