窓の結露予防対策!新聞紙の有効的な使い方 2019

  結露の季節になりました。

   

結露は、外の温度と家の中の温度の差が大きくなると発生する水滴です。

発生しやすい場所は特に窓ガラス・・・。

毎朝、結露がびっしりの窓を見ると憂鬱になります。

寒いうえ、冷たい窓の結露を拭き取る作業は、本当に面倒で余計な仕事です。  

でも、放置しておくとカビが生えてダニが増えて、喘息や鼻炎、 アトピー性皮膚炎などの

健康被害の原因になってしまうなんてことも・・・

そんなことにならないよう、しっかり除去したいところです!  

とは言ってもどうすれば結露を減らすことはできるのか、

結露の簡単な拭き取り方法はないのか・・・

そんなことを調べて実際にやってみました。  

 

Sponsored Link

今日からできる結露の予防対策!

 

ちょっとした手間で結露を防ぐことが出来て、毎朝の面倒で余計な仕事減らしたい!  

そんな方は、

水回りを扇風機を使って空気を循環

キッチンやお風呂などは水蒸気などで湿気が溜りやすい場所です。

換気扇を回したり、扇風機で空気を循環させると、

部屋の温度が平準化されて 結露の予防になります。

寝る前に換気

家族が集まるリビングなどは暖房をきかせるので、温度が高くなりがちなので

寝る前に15分ほど換気扇を回したり、窓を少し開けておくと、

部屋の湿度が下がって 結露の予防になります。

暖房の温度を上げすぎない

結露の原因は主に外気と部屋の中の温度差なので、

その温度差を小さくすれば 結露は予防できます。

部屋の温度の目安は20~22度くらいがベストです。  

とにかく、「換気」をして、温度と湿度を上げすぎないことなんだそうです!イラスト  

 

keturo3  

 

防ぎきれない結露の対応策に新聞紙?

 

それでも防ぎきれない結露は、身近なものが役に立ちます。

それは「新聞紙」!  

 

【方法1】

寝る前に、折りたたんだ新聞紙を窓の下のレール(溝)部分に挟んでおくだけ。

新聞紙がしたたり落ちてくる結露を吸収してくれます!

keturo

 

【方法2】

すでに結露ができてしまった場合には、広げた新聞紙を窓に張り付けちゃいます。

しばらく貼り付けておくと、新聞紙が結露を吸収してくれます。  

 

結露を吸収した新聞紙の(再)再利用

  さらに、結露を吸い取った新聞は、窓ふきに再生利用!

そのまま捨ててしまってはもったいないですよ。

新聞紙で窓を磨くと、窓がピッカピカになって一石二鳥です。

年末の大掃除、窓掃除はわざわざやらなくても大丈夫そうですね!    

 

 

 

見た目が気になる人は“吸収シート”がおススメです。

人目につきやすい窓には新聞紙はちょっと・・・ですよね。

私も、人目につきやすい家の正面の窓ガラスには吸収シートを張って、

人目につきにくい窓には新聞紙を使うようにしています!

効果的・効率的に結露を防いで、寒い冬を快適に過ごしましょうね!